数藤 雅彦(弁護士:第二東京弁護士会)
SUDO Masahiko

1982年生まれ、大阪府出身
東京大学法学部卒業。早稲田大学大学院法務研究科修了
コンテンツのインターネット配信を扱う事業会社での企業内弁護士・監査役経験をふまえ当事務所参画
第二東京弁護士会 情報公開・個人情報保護委員会 委員長
日本弁護士連合会 情報問題対策委員会 委員
東京文化資源会議 幹事
著作権法学会会員
デジタルアーカイブ学会会員(法制度部会、評議員)

 

【主な取扱分野】

  • エンターテインメント分野(映像、映画、アニメ、美術、音楽、デザイン)
  • デジタルアーカイブ分野(美術館、博物館、図書館、文書館等のサポート)
  • データ・情報ビジネス
  • 著作権法
  • 個人情報保護法(プライバシーポリシー作成、情報漏えい対策等)
  • インターネット上の検索結果の削除請求(前科記事の削除、名誉毀損の対応等)
  • プラットフォーム事業者へのコンサルティング(リスクヘッジ、利用規約作成等)
  • ベンチャー企業支援(コンプライアンス対応、契約書作成、社内規程チェック等)
  • 商標出願、企業のブランド戦略
  • 労働法
  • 関西圏(大阪、京都、奈良、神戸)の文化施設(メディア芸術、文化財、博物館等)のサポート


【所属団体・委員会等】

  • 筑波大学法科大学院 非常勤講師(会社法、2013年~2019年)
  • 第二東京弁護士会 情報公開・個人情報保護委員会(2013年~委員、2016年~副委員長、2019年~委員長)
  • 日本弁護士連合会 情報問題対策委員会(2020年~)
  • デジタルアーカイブ学会 法制度部会(2017年~、2019年より評議員)
  • 著作権法学会(2018年~)
  • 東京文化資源会議 幹事(2019年~)
  • 弁理士法第16条の2に基づく実務修習修了(2018年)


【著書】


【論文】

 

【セミナー・講演】

【メディア掲載】


【自己紹介】

情報、データ、コンテンツをめぐる法律問題を多く取り扱っております。

企業からのご相談のほか、ここ数年は、博物館や美術館、図書館その他文化施設からのご相談も増加しております。

顧問契約からスポット案件、簡単なご相談まで広くお請けしておりますので、まずはお気軽にお声がけください。