数藤 雅彦(弁護士:第二東京弁護士会)
SUDO Masahiko

1982年生まれ、大阪府出身
東京大学法学部卒業。早稲田大学大学院法務研究科修了
コンテンツのインターネット配信を扱う事業会社での企業内弁護士・監査役経験をふまえ当事務所参画
第二東京弁護士会情報公開・個人情報保護委員会副委員長
筑波大学法科大学院非常勤講師
著作権法学会会員、デジタルアーカイブ学会会員(法制度部会)

 

【主な取扱分野】

  • エンターテインメント分野(映像、映画、アニメ、美術、音楽、デザイン)
  • アーカイブ分野(美術館、博物館、図書館、文書館等のサポート)
  • データ・情報ビジネス
  • 著作権法
  • 個人情報保護法(プライバシーポリシー作成、情報漏えい対策等)
  • インターネット上の検索結果の削除請求(前科記事の削除、名誉毀損の対応等)
  • プラットフォーム事業者へのコンサルティング(リスクヘッジ、利用規約作成等)
  • ベンチャー企業支援(コンプライアンス対応、契約書チェック、社内規程チェック等)
  • 商標出願、企業のブランド戦略
  • 文化財保護法、デジタルアーカイブ分野
  • 観光、旅行ビジネス
  • 労働法
      

【著書・論文】


【所属団体・委員会等】

  • 筑波大学法科大学院 非常勤講師(会社法、2013年-)
  • 第二東京弁護士会 情報公開・個人情報保護委員会(2013年-、2016年より副委員長)
  • デジタルアーカイブ学会 法制度部会(2017年-、第2回研究大会実行委員)
  • 著作権法学会(2018年-)
  • 弁理士法第16条の2に基づく実務修習修了(2018年)

 

【セミナー・講演】

【メディア掲載】


【自己紹介】

学生のころは、毎日のように映画館やレコードショップ、美術館をめぐる日々でした。
映画や音楽、アートが好きだったことから、いつか著作権に関する仕事がしたいと思い、弁護士を志しました。

ここ1年ほど、おもに力を入れて取り組んでいる分野は、企業のウェブサービスのサポートと、文化の保存・公開のサポートです。

ウェブサービス業界では、毎日のように新しいサービスが生まれています。ご相談をいただくと、まずは事業目的、ビジネススキーム、マネタイズ手法、サービス導線、競合他社などをくわしくヒアリングしたうえで、実際にデモ段階のサービスをさわって、法的リスクや法律外のリスクを洗い出します。最終的に利用規約やプライバシーポリシー、契約書などの書面にビジネスを落とし込む前の、リスク分析と洗い出しの作業に、この仕事の大きな醍醐味を感じております。

文化の保存・公開のサポートとしては、おもに美術館や博物館、コンテンツ保有企業様らのプロジェクトに参画して、法的なスキーム構築やリスクヘッジ、ガイドライン作成、契約などをお手伝いしております。この分野は著作権にかぎらず、肖像権や個人情報、文化財保護などのさまざまな法律が複雑に関わってきます。日本が誇るべき貴重な文化の保護のために、現場の担当者の方たちと一緒に知恵をしぼって、問題解決する時間はかけがえのないものです。

顧問契約からスポット案件、簡単なご相談まで幅広くお請けしておりますので、まずは一度お声がけいただけますと幸いです。