03-6550-9202 (受付時間 平日10:00〜17:00)

お問い合わせ

弁護士によるセカンドオピニオン提供サービスのご案内

弁護士,セカンドオピニオン=

弁護士によるセカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、弁護士等の専門家に相談をした際に、専門家からのアドバイスに疑問がある場合や意見の正確性を確かめたい場合に、別の専門家に対して求める意見のことを言います。

セカンドオピニオンは、もともとは医療の分野において、主治医の治療方針や説明などに疑問を持った場合に、別の医師に意見を求めることを意味していましたが、最近では、弁護士や税理士に対し相談をした場合についても、セカンドオピニオンを求められる方が増えてきました。

弁護士等の専門家に相談をした場合、各専門家の判断には裁量の余地が大きく、実際に相談をされている弁護士等の知識や経験、モノの見方、さらには価値観等によっても、提供するアドバイスの内容は大きく変わってくるのが実情です。

また、お客様の切実な思いとして、重大な決断をされる前に、実際に相談をしている弁護士の意見だけではなく、他の弁護士の意見も聞いてみたいというのはごくごく自然なお気持ちだと思います。

当事務所では、お客様が十分に納得をしたうえで、最適な解決方法を自ら選択できること、意思決定までのプロセスこそが大切であると考えています。

ご依頼を戴いた場合には、各種文献や裁判例はもちろん、これまでの実務経験も踏まえ、弁護士の立場からセカンドオピニオンを提供させていただいております。

 

弁護士のセカンドオピニオンを得るメリット

相談中の弁護士の意見を多角的に検討することができること

弁護士セカンドオピニオンを得ることにより、既に相談をされている弁護士の意見を第三者的な立場から多角的に検討することが可能となります。

検討した結果、当該弁護士の意見が他の弁護士から見ても妥当であると分かることもあれば、相談をされている弁護士が見落としてしまっているリスクや別の解決方法を指摘できることもあります。

 

弁護士との相性を吟味することができること

現在、セカンドオピニオンを希望されるお客様のニーズの中には、既に相談をしている弁護士の意見の検証という目的に加え、ご自身と弁護士との相性についても慎重に判断をしたいというものがあります。

事件によっては解決までに長い時間を要するものもあり、定期的に打ち合わせを重ねることが必要となります。

問題の解決に向け、悔いのない取り組みを行うためにも、セカンドオピニオンを利用して、弁護士との相性を慎重に見極めることは、お客様にとっても大切なことだと思います。

 

セカンドオピニオンを踏まえ、十分に納得をしたうえで意思決定をすることができること

第三者的な立場にある弁護士からセカンドオピニオンを取得することにより、既に相談をしている弁護士の意見を客観的に検証することができるので、お客様としては、意思決定をする際、十分に吟味し、納得をしたうえで、最適な方針を決めることが可能となります。

どのような選択にも、一定のリスク・デメリットはある以上、十分に納得をしたうえで意思決定をすることは、後々、後悔をしないようにするためにも、とても意義のあることだと思います。

 

セカンドオピニオン提供サービスの特徴

法律・会計・税務の観点から意見の提供が可能なこと

当事務所には、弁護士のみならず会計士兼税理士が所属しており、法律に限らず、会計・税務の観点からもセカンドオピニオンを提供することが可能です。

 

説明のプロセスを重視していること

当事務所では、セカンドオピニオンを希望されるお客様が一番求めていらっしゃるのは、専門家による説明のプロセスであると考えています。

セカンドオピニオンを提供する際には、プラス面のみならずマイナス面についてもしっかりと説明するとともに、複数の選択肢がある場合には、各選択肢のメリット・デメリットについても説明し、お客様が十分に納得したうえで意思決定ができるよう心掛けております。

 

既に相談・依頼されている弁護士等への配慮

近時、セカンドオピニオンを希望されるお客様が増えている一方で、医療の場合と同様に、既に依頼されている弁護士との信頼関係を維持することも同じくらい重要なことです。

当事務所では、既に依頼をされている弁護士との信頼関係維持にも十分に配慮しつつ、セカンドオピニオンを提供するように心掛けております。

 

経営の視点を踏まえたセカンドオピニオンの提供

当事務所には、会社役員を兼任している弁護士が在籍しており、お客様が直面されている問題がビジネスにかかわる問題である場合、想定される様々なリスクを勘案し、経営的な視点も踏まえ検討をいたします。

訴訟に関する事案の場合には、お客様から事実関係を詳細に確認したうえで、勝訴・敗訴の可能性にとどまらず、紛争解決までに要する時間や費用等を総合的に考慮したうえで、弁護士によるセカンドオピニオンを提供させていただいております。

 

弁護士によるセカンドオピニオン提供サービスの費用

法人のお客様:1時間 2万5千円(消費税別)~ 

個人のお客様:1時間 1万円(消費税別)~

なお、ご相談の内容に応じて金額が変わることがあります。

また、既に裁判等の手続が進行している場合や多くの資料等を精査する必要がある場合には、調査に要する時間についても費用が生じることがありますので、あらかじめご了承ください。

 

弁護士によるセカンドオピニオン提供サービスの注意点

弁護士によるセカンドオピニオン提供サービスの目的

弁護士によるセカンドオピニオン提供サービスの目的は、専門家の視点から、事実関係や法的構成について再検証することにより、お客様に対し、既に相談をされている専門家による助言や進行している手続の適否などについて納得をしていただこうとする点にあります。

既に相談や依頼されている弁護士をいたずらに非難したり、責任追及をすることを目的とするものではないことをあらかじめご了承ください。

 

既に相談をされている弁護士の承諾の要否

当事務所によるセカンドオピニオン提供サービスを希望される際、現在、依頼をされている弁護士の承諾を得る必要はありません。

また、セカンドオピニオンをご依頼された事実についても、お客様の承諾がない限り、当事務所から口外することはありません。

 

メールや電話のみによるセカンドオピニオンについて

当事務所では、メールや電話、FAXによるセカンドオピニオンのご依頼には応じおりません。

ご相談をお受けする際には、必ず対面での面談をする必要がありますので、あらかじめご了承ください。

 

事件のご依頼について

セカンドオピニオンの提供後、当事務所へ当該案件の受任を希望される場合、当事務所のご提案する諸条件をご了承いただければ、ご依頼をお受けるすることは可能です。

なお、当事務所が必ずそのご依頼をお受けすることができるかについては、ご依頼を戴いた際の状況等にもよるため保証まではできませんので、あらかじめご了承ください。

 

当事務所のセカンドオピニオン提供サービスについて、何かご質問等がございます場合には、お気軽に下記問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

お問い合わせ